うつ病の種類や注意点をみつけ改善にむかって生活をする

感情の起伏がはげしくなったら黄色信号ですよ~

Topics

どのようなものが

うつ病は大きく分けると「単極性」と「双極性」の二つの種類に分けることができます。やる気が出ないといった状態や、日常生活に支障をきたすレベルになった場合には、うつ病と判断される事が多いと言えます。

MORE

分類をすると

うつ病は環境に関係なく、個人的な素因や性格から発症します。重症度と症状の種類による分類が行われておりますが、実際にはとても容易ではありません。心因性などであってもストレスによって発症する例も多いからです。

MORE

Pick Up

どこで受けたら良い

うつ病は心療内科や精神科といった施設を利用することになります。まず医療機関にいって診断してもらうことが、治療の第一歩になりそこから種類などを見極め、治療してく流れになります。

MORE

知ることが大切

うつ病というものはどんな種類のものでも健康な心を取り戻すことが出来るようになっています。そのためにはまず知ることが大切です。理解していることで大きなプラスになります。

MORE

軽減出来る制度

うつ症は身体症状として現れる仮面うつ病や、更年期から老年期にみられるうつ病など数種類のうつ病があります。一般的に精神療法などは健康保険が適用されますので、安価で治療を受けることができます。

MORE

様々なものがある

様々な症状が出るうつ病の種類に関することがコチラで紹介されてます。病院選びに役立つ情報もあるので、おすすめです。

うつ病には種類があります。治療法などにも違いがありますので、一度こちらで詳細を見ていきましょう。

うつ病の種類と注意点

うつ病などの気分障害には、さまざまな種類があり、時には気づかれにくい種類のものも多いため注意が必要です。 では、気づかれにくいうつ病の種類の症状について、ここでいくつか簡単にご紹介します。 例えば、頭痛や身体のしびれなど、身体に症状が出る場合があります。また、うつの症状が継続的に続いていても、何か楽しいことがあれば一時的に気分がよくなるという場合もあります。これは、20代から30代の若者に多く見られる症状です。 その他にもうつ病の症状はいくつもあり、うつ病の種類によって、また人によってさまざまです。周りにこのような症状で悩んでいる人がいたら、自分たちで判断せず、まずは医師に相談してみることが大切です。

知っておくべきセルフケアの方法

うつ病の原因は、いくつかあります。辛いことや悲しいことを経験することによってうつ病となってしまうことは広く知られていますが、場合によっては、幸せな出来事がうつ病を招くということもあるのです。 このように、うつ病となる原因は非常に多く、人は誰でもうつ病になる可能性を持っているのです。 そこで、自分がうつ病にならないためにセルフケアを行うことが重要です。 セルフケアでは、心の緊張を解きほぐすということが大切です。その方法は、人によってさまざまです。家族とリラックスした時間を十分に取る、仕事とは関係のないところでジムなどに行き身体を動かす、好きな映画を観るなど、まずは自分だけの心の緊張を解きほぐす方法を探してみましょう。

うつ病の治療費を考える

うつ病の特徴として治療を始めてから治るまでにどのくらいの期間が必要なのかがわからないということす。1〜2ヶ月で治るのか、あるいは数年かかるのか患者さんの症状によりさまざまです。治療期間が不透明である点も患者さんにとって不安要素のひとつとなります。基本的な治療費は健康保険の対象となりますが、期間が長くなるにつれ負担は大きくなってしまいます。しかしうつ病の患者さんの負担を軽減する制度があります。「自立支援医療費制度」というものです。これは障害のある患者さんに継続して支援が受けられるように支援することを目的として定められた制度です。市町村の窓口で申請すると自己負担額が一割になります。それと同時に所得に応じて一ヶ月に払う額に上限がもうけられます。所得により異なりますが、低所得者だと5000円ぐらい、高所得者であれば20000円ぐらいの負担ですみます。このような制度を利用することで安心して治療を受けることができます。

さまざまな種類と特徴を持つ病

うつ病の種類には大きく三つに分けられます。抑うつ状態が続く種類「大うつ病」、抑うつ状態と躁状態を繰り返す種類「双極性障害」、抑うつ状態が長期間続く種類「気分変調性」の三つの種類に分けられます。「大うつ病」とは強いうつ症状が続く種類で従来うつと呼ばれていたものです。「双極性」とは強いうつ状態と気分が高揚した躁状態の二つの症状を併せ持つということです。気分変調症は抑うつ状態は非常に軽いが長続きするという特徴があります。そのほかのうつの種類として「仮面うつ」心の不調よりも身体の不調が前面に出るがたしかにうつ病が存在する場合。「微笑みうつ」内面は典型的なのうつ病なのに人の前では心配させまいと笑みを絶やさないタイプ。「季節性うつ」冬になるとうつ病になり夏になると症状が改善するタイプ。「難治性うつ」さまざまな治療を施してもうつ状態から抜け出せないタイプ。打つといってもさまざまな種類のうつがあり診断も治療も難しくはありますが、治らない病気ではありませんので医師と相談し家族のサポートを受けながら治療に専念してもらいたいものです。

様々なうつ病治療の金額や価格の傾向について

うつ病の治療を適切に行う為には、専門のクリニックなど、医療機関での治療が必要です。 メンタルクリニックと呼ばれる所や、心療内科と呼ばれる施設を利用し、持続的に通う事が必要になります。 医療施設では診察の他、薬が処方され、薬物治療が開始される事になるケースが通常です。 入院などを行う事ができる場所であれば、うつ病が酷い場合に入院をする事が可能な設備が整っています。 その為、診察を行って深刻な状況と判断された場合には、入院を勧められる場合もあるでしょう。 治療費は、個人が抱えている病の深刻さなどによって異なりますが、入院などが必要であればその分だけ高くなる傾向にあります。 基本的には他の病院などに通うのと費用は変わらないです。