うつ病の種類や注意点をみつけ改善にむかって生活をする

女性のイラスト

どのようなものが

うつ病は「単極性」と「双極性」に大きく分けられる

近年増加傾向にあるうつ病ですが、その種類にも色々あることをご存知でしょうか。社会の複雑化がうつ病を複雑化させ、様々な種類のうつ病を増やすことになったのです。 うつ病は大きく分けると「単極性」と「双極性」の二つの種類に分けることができます。 単極性うつ病の主な原因はストレスであり、主に気分が落ち込む症状が現れます。何事に対しても興味が薄れ消極的になり、体重が減少するなど体にも症状が見られるようになります。 双極性うつ病はこれまで躁うつ病と呼ばれていました。ひどく落ち込む時期と異常なほど元気の良い時期を繰り返す症状が現れます。 うつ病を患っている方には「ひどく落ち込んでいる」または「ひどく落ち込んでいると思ったら異常なほど元気が良くなった」といった大きな特徴があります。身近な方にこのような症状が見られたらうつ病の疑いがありますので、早めに専門の医療機関を受診するようにしましょう。

接し方は状態によって異なる

うつ病は2種類に分けられますが、それぞれの症状でどのように接したら良いのでしょうか。 ひどく落ち込んでいる状態の時は、決して「がんばれ」などと声をかけてはいけません。本人は頑張りぬいて今の状態にあるわけですから、余計に辛くなってしまいます。病気であることを全面的に認めてあげ、しっかりと話を聞いてあげることが大切です。 異常なほど元気が良い場合、本人は何も恐れるものがない状態になっています。非常識な言動を繰り返したり、気前が良くなって他人に何でもあげてしまったりする場合があります。この場合は、病気のせいで気分が高ぶっていることを指摘し、本人に気を付けるよう注意することが効果的です。病気だからと言って大目に見ていると大変な事態を引き起こしかねませんので、注意が必要です。

この病のこれまでの歴史

うつ病には多数種類があり、現在では仮面うつや否定型のものを含め、退行期のうつなども存在しています。 元々うつ病という病気は、多数の種類に分割される事も無く、全て1つの病気とされる事が多かったものですが、現在ではそのような事は殆ど無いです。 様々な症状を抱えた人々が病院などで診断をされる中で、種類が多く存在しているという事がわかるようになり、現在に至っています。 どの種類のうつ病も、基本的には無気力状態になってしまったり、マイナスな感情が目立ってしまうという事が特徴です。 やる気が出ないといった状態や、頭が回らないというような状況が酷く、日常生活に支障をきたすレベルになった場合には、うつ病と判断される事が多いと言えます。