うつ病の種類や注意点をみつけ改善にむかって生活をする

女性のイラスト

どこで受けたら良い

うつ病はどこで治療を受けたらよいか

うつは気分が激しく落ち込んでしまう心の病であるため、その診察は一般の内科や外科では受け付けておりません。うつ病の診察を受け入れてる医療機関には2種類あり、主に心療内科や精神科といった施設を利用することになります。 その他にも心理カウンセラーや催眠療法といった治療先もありますが、まずは医療機関で診察を受けるのが最優先と考えてください。医療機関でまずうつ病との診断がくだされてから、医師や家族と相談してそのあとの治療方針を決めていくといいはずです。 うつ病については、現在いろんな種類の薬や治療方法で治療する試みがなされています。治療薬なども体質や副作用、生活状況に応じてSSRI、SNRI、NaSSA、三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤といった数種類の薬も使い分けて使うこともできます。

うつを発症した人にとっての高いハードル

うつ病はまず医療機関にいって診断してもらうことが、治療の第一歩になります。そこまで辿り着くことができれば、治療の第一段階に進んでいるといっていいでしょう。 うつ病はすべてにおいてやる気を無くしてしまう病気なので、自主的に医療機関まで治療を受けに行くのが難しいとされています。また精神科や心療内科は周囲の偏見もあるため、その敷居をまたぐことに抵抗を感じることもあるようです。 たとえいくら治療や薬が数種類存在していても、そこに通ってもらわなければまったく意味がありません。周囲にそういった患者をみつけた場合は、周囲から医療機関を受診するように協力をするのがのぞまれます。 しかしどうしてもそういったところを受診しにくかったり、どこの医療機関を受診していいかわからない場合は、最寄りの保健所や職場のカウンセラーなどに相談してみるのもいいでしょう。